株式会社三雲社は炎症性腸疾患患者を中心に運営されている会社です。

乾癬の種類

乾癬の種類

尋常性乾癬 (局面型乾癬)

尋常性とは「普通の」という意味です。乾癬患者さんの約90%がこのタイプです。下の写真のように、ひとつひとつの皮疹が大きくなって互いにくっつくと、局面(プラーク)を形成するので、欧米では「局面型乾癬」と呼ばれています。

関節症性乾癬 (乾癬性関節炎)

皮膚症状に加え、関節に痛みや変形が現れます。少し関節が腫れるだけの人から、手足の指・背骨・腰などの関節が変形し、日常生活に支障が出る人まで個人差があります。 関節症性乾癬は関節リウマチに似ていますが、血液検査でリウマチ反応が出ない場合がほとんどです。 関節症性乾癬は、尋常性乾癬の症状と関節炎をともに治療する必要があります。 内服薬が効果不十分な場合には、生物学的製剤による治療を行います。生物学的製剤は関節リウマチの治療に使われている薬剤で、関節痛に高い効果を発揮することが確認されています。

膿疱性乾癬

カサカサした部分だけでなく、少しジクジクして真っ赤な部分が生じ、その中に膿疱(白または黄色い膿をもつ小さな発疹)ができます。高熱や全身のむくみ、関節痛、倦怠感などがあり、多くの場合入院治療が必要になります。

・ 細菌検査を行い、細菌の感染による膿と区別します。
・ 膿疱性乾癬の発疹は、体の一部にしか現れないケースもあります。全身に症状が出る場合は
「汎発性膿疱性乾癬」と呼ばれ、特定疾患に認定されるので、治療費の補助を受けることができます。
・ 膿疱性乾癬は、乾癬の重症型と考えられており、日本の推定患者数は約1,800人です(平成24年度
「特定疾患医療受給者証」交付件数)。

乾癬性紅皮症

皮膚症状が広がった状態で、全身の90%以上が真っ赤になります。皮膚の働きが損なわれるため、体温調節ができなくなり、発熱や倦怠感が生じます。症状によっては入院が必要な場合もあります。

滴状乾癬

尋常性乾癬の発疹に比べ、小さ目の丘疹が全身にぱらぱらと出現します。水滴が跳ねたように見えることから、この病名がつきました。急性に発症することが多く、扁桃腺炎などが誘因となることがあります。

お問い合わせ TEL 048-662-7555

最新号





CCJAPANページ

PSJAPANページ

バックナンバー

書籍紹介

PAGETOP
Copyright © 株式会社三雲社 All Rights Reserved.