[ホーム][検索] 他の掲示板:
[マルチレス] [標題一覧] [ツリー]

お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード: 半角英数4文字以上
文字色:

ラコールの新しい味 No.[5383] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/28 [日曜日] 10:44:22
経腸栄養剤のラコールに新しい味でコーン味がでたらしいの
ですが、試した方いますか?
ラコールは冷たくして飲んでいますが、コーン味は
温めても大丈夫でしょうか?

Re: No.[5393] [返信]
投稿者:くしま 投稿時間:2010/12/06 [月曜日] 10:04:10
おはようございます。
私は、ラコールを処方されていたときには、
珈琲味だったのですが、カップに入れて電子レンジであたためておりま
した(今は飲んでいませんので、当時、何秒で温めていたのか、忘れて
しまいました。でもあまり熱くならないようには注意していました)。

牛乳を温めたときのように表面に膜が張りました。
冷たいものを飲むとお腹を下すので

吻合部狭窄について No.[4110] [返信]
投稿者:ひろ 投稿時間:2007/11/18 [日曜日] 22:29:01
初めて投稿するCD暦10年のひろといいます。

 現在、2年前手術した右下腹部の小腸回腸吻合部に狭窄があり今年の
3月に小腸造影をしたのですが、吻合部狭窄はまだ直径1冂あるとの
ことでしたので、レミケードを続けながらも調子は良好でした。
しかし、つい最近レミケードをした後からその吻合部あたりが気になり
だし、一日何度かチクチクと気になり、たまに軽くですけど痛みが走っ
たりします。ただ今の所ずっとお腹が張ったままだったり激痛が走るこ
とはないです。ガスも排泄も何とか出来てますが、以前より出は良くな
いなという感じでへこんでます。
現在、会社勤めしてましてオペの為長い間休みたくないなと思ってる(
一度2ヶ月程オペで会社休みました。)のですが、やはり手術適応にな
ってしまうのか、またバルーン拡張術はこの場合だとどうなのか教えて
ください。
ちなみに腸閉塞は未だ経験がありません。出来れば後3年ぐらいは手術
せずに内科的治療で維持したいなって贅沢な事を考えてます(笑)お願
いいたします。

Re: No.[5384] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/29 [月曜日] 22:58:46
摂生していれば大丈夫さ
ヒュミラも出てきて自分で打てるようにあるし、レミケードのように2
時間も拘束されることもなくなるだろうよ
ヒュミラは普通のお薬のように慣れれば調剤薬局で処方できるらしいか
ら安心して仕事に励むとええよ
狭窄の治療薬も出てくるらしいからそれまでは、手術せずに温存してお
きたいな

Re: No.[4120] [返信]
投稿者:鼠男 投稿時間:2007/11/20 [火曜日] 19:20:32
短期で良くなるレミケードはよいお薬です。
しかし傷の治りが早いため狭窄が進むのが最大の欠点ということを知っ
ておくべきだよ。
のんきにプレドニゾロンや絶食、エレン、点滴で治す時代はもう古い考
えですが狭窄の進行はおだやかだそうです。

Re: No.[4122] [返信]
投稿者:ひろ 投稿時間:2007/11/20 [火曜日] 23:32:00
確かに2年程のレミケ−ド投与で、本当に即効性のあるお薬だなと実感
していましたが、狭窄がこれ程強くなってくるとは思っていなかったの
でもう少し気にかけていれば良かったですね。
これからレミケードを中止するか否かは、12月小腸造影の結果を見て
主治医に相談してみようと思います。

Re: No.[4121] [返信]
投稿者:くらら 投稿時間:2007/11/20 [火曜日] 22:59:57
 のんきかもしれないけど、それしか術がない人も
 多いし、一概に古いとも言い切れないような気がします。

 どちらにしても、狭窄はいずれ進みますからね。
 
 まだまだ課題は多いですね。

Re: No.[4111] [返信]
投稿者:ボポボ 投稿時間:2007/11/19 [月曜日] 00:04:43
僕は何度かバルーン拡張をしましたよ。バルーン拡張は、狭窄部分の長
さによって出来るかどうかが決まります。狭窄が広い範囲であれば、バ
ルーン拡張はできません。狭窄の幅が3センチ以内ぐらいであれば、す
る事は出来ると思います。
僕は上行結腸がほぼ閉塞状態になっていましたが、10回近く拡張を行っ
て、1年ぐらい手術を先延ばしする事が出来ましたが、それからすぐに
手術をしました。
拡張して腸を膨らませる事が出来て、そのまま膨らんでいる場合もある
ようですが、僕の場合は2週間程度で閉塞に近い状態にまでしぼんでし
まいました。だから、しぼむたびに拡張をお願いしてわがまま言ってま
した。
拡張中に、腸が破ける事があるようで、そうなれば緊急手術となるよう
ですのでリスクは高いです。ただ、拡張している時はその部分が痛いで
すので、とても痛むような広げ方さえしなければ、リスクは減らせるん
じゃないのかなあと思います。拡張して数日後に破ける事もあるようで
すので、よく分かりませんが。
個人的には、手術を先伸ばししなくても良かったかなあと思っています
。どうしても仕事を休めないとか、特別な事情がある時に、何ヶ月か手
術を先延ばしする為に使うぐらいの使い方がいいかなと思います。
毎回下剤を飲んだり内視鏡をお尻から入れないといけないですのでしん
どかったです。次、もし腸閉塞になっても、僕はバルーン拡張はしない
と思います。

Re:ありがとうございます No.[4113] [返信]
投稿者:ひろ 投稿時間:2007/11/19 [月曜日] 00:47:36
ボボボさんレス下さって有難うございます。
主治医からは、「CRPもここ平均して1前後で推移してるからまだ大
丈夫だよ」からなんて言われるんですけど、ここ最近はとてもそんな気
になれなくて不安な感じでした。
ボボボさんがおしゃるように、恐らく自分も狭窄は吻合部位に限定され
ていると思いますので、バルーン拡張の適用範囲にあたるかなと思いま
す。また12月に小腸造影と大腸カメラをやる予定ですので、その時ま
た様子を見てから決めようかと思います。
でも、バルーン拡張術はすぐ元に戻ったりとそう簡単にうまくいかない
ものなのですね。確かに今の主治医が以前バルーン拡張術を行った知合
いの患者さんが穿孔で即オペだったというのを聞いたことがあるので、
慎重に考えた方が良いのかもしれないですね。

周りには同病の方はいらっしゃらないですし、医師との疎通もうまくい
かず、患者会ともうまくつながらず、何だか孤独感すら覚えていました
。
患者会が有志の方のご尽力により存在することは理解しているつもりで
す。返信がこなかったことを非難する気もありません。主催者の方だっ
て病気なんですから、不調なのかなあと気になりはしましたが…。
書き込みの中には初めて知ることもいくつかありましたので、皆さんか
らの情報を頼りにもう少し自分でも調べてみようかと思います。

Re: No.[4112] [返信]
投稿者:追記 投稿時間:2007/11/19 [月曜日] 00:11:12
これは、医者の腕によって、かなりリスクも変わってくると思います。
何度か、バルーン拡張をするのは初めてなんじゃないかと思うような医
者にしてもらいましたが、怖かったです。担当医では起こらないトラブ
ルも起きました。小さなことではありますが、それがとても怖かったで
す。
バルーン拡張をたくさんしている病院もあるようですので、そういうと
ころでしてもらった方がリスクは少ないと思いますよ。

事業仕分け No.[5385] [返信]
投稿者:無記名 [URL] 投稿時間:2010/11/29 [月曜日] 23:10:42
CDに関連する事業はこのページの下にあるんだけど、
こんなのまで事業仕分けしたのか?

プレドニン No.[5363] [返信]
投稿者:りぃしゃむ 投稿時間:2010/11/09 [火曜日] 20:25:43
私はuc歴1年で今現在プレドニン減量中です。今は7ミリのプレドニン
と免疫抑制剤(ロイケリン)、ステロネマ注腸を服用しています。
ちなみにステロネマは1日おきにやっています。
ですが今血便が続いており、プレドニンが無事に切れるかどうか心配で
す。
私の場合、ペンタサやアサコールなどが副作用で使えないので・・・・
今本当に悩んでいます。
みなさんはどのような薬を使っているのでしょうか?
何か意見やコメントがあったらよろしくお願いします。

Re: No.[5366] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/10 [水曜日] 10:16:50
ステロネマもステロイドですからねえ、心配ですね。
ところで、血球成分除去療法、レミケードなど、
最近の治療はされているのでしょうか?
まだでしたら、それらをやってみたら良いのでは。

Re: No.[5368] [返信]
投稿者:りぃしゃむ 投稿時間:2010/11/12 [金曜日] 16:10:23
GCAPは4回やって、3回目で効果がありました。
でもGCAPをやったのは入院中で、IVHからGCAPをやっていました。
今は血管が細くて見えないのでやっていません。
レミケードはクローン病の人だけの薬ではないんですか?
UCの人でもレミケードの治療を認可されているのならやってみたいので
すが・・・
最近血便がよりひどくなってきた気がします・・・
赤い血が全部にドバっとついてて、茶色じゃなくて、全部赤って感じで
・・・・。
悪化してるのが目に見えてわかります。

Re: No.[5381] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/26 [金曜日] 23:31:19
初潮ならお赤飯なのにね

Re: No.[5382] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/27 [土曜日] 12:05:53
馬鹿か、こいつ!

Re: No.[5369] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/12 [金曜日] 16:13:54
ucでも最近レミケードを使えるようになったみたいですよ。
ほかにもタクロリムスっていうのも、あるらしいです。
主治医に相談してみたらいかがでしょう?

Re: No.[5372] [返信]
投稿者:りぃしゃむ 投稿時間:2010/11/13 [土曜日] 12:54:12
そうなんですか!治療法が増えているみたいで嬉しいです。
ちょうど16日に病院の予定なので相談してきます。
意見ありがとうございます。
ほかにももっと治療法が増えていくといいですね。

睡眠不足 No.[4180] [返信]
投稿者:なお 投稿時間:2008/01/17 [木曜日] 17:43:20
なんですが、体にさほど支障がなく、良く効く睡眠薬ご存知の方いらっ
しゃいますか?
また皆さんは何を飲まれてますか?

Re:睡眠不足 No.[5379] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/24 [水曜日] 23:53:54
睡眠導入剤をメンタルクリニックなどで処方してもらうと良いですよ。
ttp://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1124009.html

睡眠薬 No.[4187] [返信]
投稿者:アイン 投稿時間:2008/01/20 [日曜日] 19:57:24
私はUCですが、入院中はプレドニンの副作用のせいか、
ひどい不眠症になりました。
眠りにつく事は出来るのですが、2,3時間すると起きて
しまい、その後は目が覚めて眠れませんでした。
そんな状態でしたが、特に昼間も眠くなりませんでした。
その時は、プレドニンの量を減らしていけば、自然に治
ると思って睡眠薬の服用は考えませんでした。(その病
院では、つらかったら飲んでくださいと、睡眠薬を用意
してくれましたが・・)
しかし、プレドニンの量を減らして、退院してからも
症状が改善されなかったため、かかりつけ医に相談し
て、睡眠薬を処方してもらいました。
今、くすり手帳を確認してみると、「レンドルミン錠」
という薬を2週間服用していました。
その間、「ペンタサ」と「プレドニン」を併用していま
したが、私の場合、特に副作用もなかったようです。
その後、3年ほど経ちますが、ほぼ安眠出来ています。
なおさんも、あまり不眠状態が続くのであれば、一度
主治医に相談されてはいかがでしょう?


寝たら? No.[4181] [返信]
投稿者:マー坊 投稿時間:2008/01/17 [木曜日] 19:59:40
寝不足なら寝たらどうですか? 病人でしょうからいつでも寝る時間は
腐るほどあるでしょう?

Re: No.[5380] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/25 [木曜日] 10:25:46
バカ?

白血球除去療法と顆粒球吸着療法の比較 No.[5367] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/11 [木曜日] 13:11:49
毎号タイアップ広告等で白血球除去療法と顆粒球吸着療法が
紹介されていますが、肝心なことがイマイチわかりません。

LCAPとGCAP(GMA)を比較した場合、どのような利点や欠点が
あるのでしょうか?

LCAPとGCAP(GMA)のどちらが優れているのでしょうか?
あるいは、どのような場合にどちらを選択すれば良いので
しょうか?

ところで、GMAにわざわざ呼称を変えたのは何故でしょうか?

ご回答をよろしくお願いします。

無題 No.[5365] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/11/10 [水曜日] 10:15:34
ステロネマもステロイドですからねえ、心配ですね。
ところで、血球成分除去療法、レミケードなど、
最近の治療はされているのでしょうか?
まだでしたら、それらをやってみたら良いのでは。

手術経験者に質問です No.[5268] [返信]
投稿者:りんご 投稿時間:2010/08/09 [月曜日] 14:36:43
2ヶ月内科治療をして、先月末に退院したCD歴6年目の女子(31)
の物です。今、小腸の手術or温存で迷っています。

現在の状況は、食べ物を食べると、右下腹部に物が詰まった様な感覚(
胃もたれのような感覚)があり、吐き気やゲップが止まらず困っていま
す。エレンタールすらあまり摂取できていません。

医師の説明によると、回腸に繰り返し潰瘍が出来たため、ケロイド状に
なり狭くなってしまったと言われました。

違和感を解消するには手術だけど、手術は対処療法にすぎないし、それ
にまだ通過障害が出ていないのに手術は早いのでは?と思ったり。。。

手術された方はどのタイミングで決断されたのでしょうか?
良ければご意見をお聞かせ下さい。

尚、現在退職し無職です。

Re: No.[5356] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/31 [日曜日] 13:49:30
狭窄で腸閉塞になったりはしないんですよね?
それだと、まだ、手術しなくてもよいのでは?って思います。
バルーン拡張するとか大建中湯とかを試すなどをしてみるのが
先だと思います。
やっぱり手術はできるだけ避ける方がいいですし…。

ただ、手術を嫌って温存して、結局小腸全域に潰瘍がいっちゃう
のも気をつけてくださいね。
知り合いの患者さんで、手術を嫌って温存してたら、小腸の
大部分に狭窄ができちゃって、切るに切れない(切ると小腸を
ほぼ全摘になる)し、レミケードもできないし、っていう最悪な
ことになっちゃった方を見ました。

自分の場合は、腸閉塞で年に入退院を繰り返すことが多くなった
ので、手術に踏み切りました。
その後は、レミケードで安定してます。

手術をするべきか、手術をしないべきか、こればっかりは個人個人
の病歴や病状で分かれるから、なかなか難しい問題ですね。

Re: No.[5353] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/30 [土曜日] 20:47:00
今までみた手術したCD患者は、人工肛門になり働いたことない引きこも
り、癒着しろうこうができてしまった人、バルーン拡張してもすぐに戻
ってしまう人などほとんど手術しても数年は良い時があったでしょうが
、その後手術跡から悪化して入退院しておそらく仕事などしてなかった
と思います。悪くなることはあっても良くはならないんだとはっきりと
認識しました。
かわいそうなあ人達だと哀れみの目で見ていました。

Re: No.[5355] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/31 [日曜日] 12:46:14
 私は今までに何回も手術をしてますが、普段は自分で体調管理して仕
事もしていますよ。確かに手術をしても再発して再度手術になるという
ことはあります。私もそうですから。でも、手術をした人が、その後す
べて悪い方向にいっている訳ではありません。
 
 完治方法が確立していないのだから、新しい薬や完治方法が見つかる
まで、手術も一つの選択肢として病状を抑えていくしかないのではない
でしょうか。
 
 考え方はいろいろでしょうが、私は食べられない状態でいるよりも、
手術をしてその後自分で体調のいい状態を保てるよう管理しながらこの
病気とつきあっていくほうがよいと思います。

Re: No.[5354] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/30 [土曜日] 21:59:56
哀れんでくれてありがとうございます。

Re: No.[5352] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/25 [月曜日] 14:45:55
私も小腸を40冂取りましたが大したことないです。
腸閉塞になると危険だと判断すれば手術したほうが良いと判断しました
(詰まってのたうち回りました)。
小腸は長いので多少長く切っても大丈夫みたいですね。

Re: No.[5331] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/09/23 [木曜日] 21:13:40
もう少し待ってみませんか?
手術をすれば術跡から再狭窄するリスクも高まりますし人工肛門になる
ことだって覚悟しておかなければいけません。
外科の先生は切って縫合してしまえばそれで終わりでしょうが、内科の
先生は患者さんのアフターを考えれば手術という選択肢は最終手段です
。
現在、新潟大学?と共同研究されているステリック再生研が近いうちに
繊維化狭窄してしまった腸内の遺伝子をRNA干渉という技術を用いて分解
し狭窄を治す日もそう遠くはないと思います。
短腸になって永久人工肛門になってしまっては新しい治療が出てきても
治療できずに後悔するかもしれません。
希望的観測なんで参考程度に読み流してもらえればいいです。

Re: No.[5332] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/09/23 [木曜日] 21:23:09
治験は2011年からだそうです。

Re: No.[5276] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/08/11 [水曜日] 17:44:50
りんごさんの状況が詳しくわからないので、あくまでも一般的な話です
が、
基本的には、わたしも手術をおすすめします
確かに手術してよけいにひどくなってしまった人もいるでしょうし、
実際にそういう人も知ってますが、わたしのまわりでは手術でよくなっ
ている人がほとんどです。
エレンタールさえ十分に摂取できない状態では、手術を考えてもいい時
期ではないでしょうか。
わたしも手術を2回やりましたが、完全に通過障害になる前に手術をしま
したし、手術をしたこと自体はよかったと思っています。

歳をとったいま痛切に感じているのは、若いときは二度と帰ってこない
ということです。
切らないでじっとがまんしてるよりも、さっさと切っていまを楽しんだ
方がずっといいと思います。
なぜそう思うかといえば、それはわたし自身がそれで少し後悔してるか
らです。
人生やり直すのも歳とってからだといろんな意味で難しくなりますし、
医学的な意味においても、できるだけ若いうちの方が身体の回復も早い
でしょう。

もちろん、これは生き方の問題なので押し付けるつもりはありません。
絶対にうまくいくという保証もないですしね。
わたしに責任がとれるわけでもないし。
いまのわたしの自分の人生に対する率直な感想だと思ってください。

どんな決断をするにせよ、りんごさんのこれからの人生が後悔のないも
のであるように祈ってます

Re: No.[5279] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/08/12 [木曜日] 12:24:38
若い時は二度と戻ってこない、本当にそうですね。

できれば手術を避けたいですが、手術することで明るい生活が送れるの
だと分かりご意見を聞けてよかったです。ありがとうございました。


Re: No.[5275] [返信]
投稿者:かりん 投稿時間:2010/08/10 [火曜日] 18:32:34
6年前、私も全く同様の症状でした。
エレンタールも飲めなくて、体重も減り、栄養不良でフラフラでした。
とても、仕事どころじゃありませんでした。
さんざん迷った挙句、手術に踏み切りました。

結果、食べられるようになりました。
体重も増えましたし、栄養状態ももちろん良いです。
仕事も、現在はしております。

私の場合、手術をして本当に良かったと思います。
今思うと、もっと早くにしておけばよかったと思ってます。
「QOL」、「生活の質」ということを考えるとき、
「食べられる」、「仕事ができる」ことなどは、
何と幸せなことなんだろう、と思いました。

個人的には、食べられなくなるほどになったら、
手術をした方が良いと思います。
そして術後、しっかりと治療をしていけば、そんなに心配ないのでは、
と私は思ってます。

Re: No.[5280] [返信]
投稿者:りんご 投稿時間:2010/08/12 [木曜日] 12:32:08
ご意見がありがとうございます。

まだ栄養状態はギリギリ良いのですが、このままではまた栄養不良で再
入院になってしまう可能性もあるし、再就職もさらに困難になりますよ
ね。。。

主治医と相談して手術のことを考えてみようかと思います。




のどがせまい? No.[5339] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/13 [水曜日] 21:32:41
病院に行くのはわかっております。
でもちょっと書きたいのです。

クローン病です。
小腸の狭窄はいまあります。
口内炎とか痔ろうとか、胃クローンとか、口から肛門まで病変ができる
たちです。

最近、のどが痛いというか、詰まっている感じがあります。昔胃クロー
ン病変があるといわれました。食道にもクローンができたのかと、心配
です。
たんがでたり熱があるので風邪かも知れませんが、もう2週間くらいで
す。
喉、食道にできたご体験あるかた教えていただければと思いまして書き
込みました。

Re: No.[5340] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/17 [日曜日] 23:21:31
そりゃ喉頭癌とか甲状腺とか別の病気だろ
喉のわきにはリンパ腺もあるからな
怪しいかもな

Re: No.[5343] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/19 [火曜日] 11:40:31
私も昨年、同様の症状になり、主治医に相談したところ、
早速、胃カメラにて食道、胃などを診てもらいました。
結果は、特に問題なしでした。
たぶん、疲れていて機能が低下していたのでは・・・。
言われてみれば、疲れがたまって、調子が悪い時に多くなっていたよう
です。
その後も、疲れてくるとたまに出ますが、ひどい潰瘍があるわけではな
いんだ、ということが分かって、少し安心しました。
どちらにしても、一度、検査をして診てもらった方が良いと思います。

Re:ありがとう No.[5346] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/20 [水曜日] 23:22:47
コメントありがとうございます。
同じような症状があった人がいるとなんだか安心します。
後日、改めて病院で検査をしてみます。
ご親切にありがとうございました。

IBDのイベント(東京) No.[5338] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/10 [日曜日] 15:05:24
こんにちは。IBDのイベントの情報を
ゲットしましたのでお知らせします。


〜潰瘍性大腸炎・クローン病患者のための講演会〜
日時:2010/10/30(土)13:00〜16:10
場所:TKP東京駅八重洲ビジネスセンター ホール2A
主催:NPO法人日本炎症性腸疾患協会(CCFJ)
定員:180名(申込先着順)
参加費:1000円
問い合わせ先:ccfj-jimu@sunny.ocn.ne.jp

Re: No.[5341] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/18 [月曜日] 10:19:36
1000円もとるの?

Re: No.[5342] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/18 [月曜日] 22:52:43
主催者様、1000円さえもケチる貧乏な方に救いの手を

Re: No.[5345] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/10/20 [水曜日] 16:02:44
昔はIBDのイベントって無料のところが
多かったけど、今はどこでも有料ですよね。
そういえば、特定疾患の受給票も昔は自己負担なしだったのに
今は収入によって払う金額が違いますよね。
これからドンドンお金がかかる世の中になりますね。
とりあえず、勉強して、お金がいっぱいもらえるような
仕事につきましょうね。

最近のペンタサ注腸について No.[5311] [返信]
投稿者:\@$u 投稿時間:2010/08/26 [木曜日] 14:28:38
愚痴です。
最近、ペンタサ注腸の逆流防止弁が改良されましたが、個人的には改悪
だと思います。
ノズルの付け根(ちょうどこの弁がある辺り)から、薬液がもれることが
多くなりました。まあ、せっかちな性格なので、握るのが強すぎるとい
うか早すぎるというのもあるかもしれませんが(ゆっくり握ることを心が
けてはいるのですが…)。もれた薬液が付いた部分(布団等)は茶色く変色
するので、気分的にも嫌です。
ペンタサ注腸を使っている皆さんはこの改良をどう思いますか?

Re: No.[5324] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/09/11 [土曜日] 12:30:10
同感です。
1箱全部もれやすいものがありました。(多分、せっかちとかそういう
問題ではないと思いますよ)
個人的には、調子の悪い箱と調子の良い箱があるように感じます。
もれると色が付いてしまうので本当に嫌ですよね。

Re: No.[5321] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/09/05 [日曜日] 20:10:15
嫌ならやめれば?

Re: No.[5322] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/09/07 [火曜日] 13:07:48
そんなもんじゃないだろ!
好きでやっている人なんかいないんだから。
嫌でもやんなきゃならないんだよ!

Re: No.[5334] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/09/29 [水曜日] 21:11:57
あっそうか
まあせいぜい弱音を吐かずに頑張ってくれよ
嫌なら手術して探鳥になったりストマになったり楽になる方法はいくら
でもあるぞ

Re: No.[5335] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/09/30 [木曜日] 10:19:06
手術して探鳥になったら楽になるの?

Re: No.[5333] [返信]
投稿者:無記名 投稿時間:2010/09/28 [火曜日] 13:45:10
ケンカするなよ。こんなとこで。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [トピック総件数:466件]
削除パスワード: