[返信する記事] 削除パスワード:
投稿者:投稿者さんへご返事2 No.[5901]
投稿者:降幡 [URL] 投稿時間:2012/11/26 [月曜日] 10:11:05

私の中にあった計算は、
医者といえども人間、一度に何百人(?)の患者を相手にし、無制限と
も言える多くの病気と向き合っている上、この病気は「不治の病」なの
ですから、(ほかにも治すべき患者はいるのですから)
それに引き換え私は「私一人」を相手にし、「ひとつの病気」とだけ向
き合えばいいのです。

医者にできないことだって、できていいはずだ、

と、考えていたように想います。


「治す気のない患者の病気はどんな名医が付いても治らない。
何とかして治そうとする患者は、たとえヤブ医者しかいなくても、何と
かしてその体を治してしまうものだ」

ということが描かれている
秋田書店刊、少年チャンピオンコミックス「ブラックジャック」第22
巻(最初の話)「されどいつわりの日々」(医学博士:手塚治虫著)
が、私のよりどころでもありました。
(多分まんが喫茶をまわればあると思いますし、絶版にはなっていない
そうです。)

 医者でも無くあなたの症状もよく知らずに(さらに別の病気で)かな
り乱暴な話ですが、
私にとっては本当にこれしか信じるものはありませんでした。
先生は決してうそは書かないと信じていましたし、実際に第20巻(こ
れも最初の話)「虚像」が、
私を救ってくれた(HPに最初に書いてある)「5投2休」のヒントを与
えてくれた話です。



徳州会病院の先生で、ご存知かは知りませんが、この病院を設立した「
徳田 虎雄」という理事長の書かれた本「命だけは平等だ」を読めば、か
なり「そのスジ」(?)の人だということがわかると思います。
 私が闘病中に、四国の徳州会病院で「万波」先生という外科医の先生
が、
法律で許されていない「病気肝移植」という手術をして何人もの患者の
命を救ってしまい、
日本で医師免許を剥奪されて、アメリカで表彰された、というニュース
をやっていました。

「さもありなん」と言わざるを得ません。

なぜ「ブラックジャック」が無免許医なのか、
はっきりとわかりました。



医者だって人間です。
一方的な信頼関係の要求は、こくなのでしょう。

HPには書いていないかもしれませんが、私は発病から現在まで、主治医
を変えていません。それゆえ私のカルテは一貫しています。「成功例」
としての信頼性のためにも、望むべき条件だと考えていました。


すみません、今日はこれくらいにしておきます。
イチローだって3割バッターなのだから、少しづつでも前に進むことが
正解だと、思っています。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: