[返信する記事] 削除パスワード:
Re: No.[5873]
投稿者:無記名 投稿時間:2012/09/10 [月曜日] 10:05:05
在宅IVHは、24時間常にポンプと輸液を、
肌身離さず持っていなければいけません。
また、常時体に針が刺さっているわけです。
それらは、かなりのストレスになります。

エレンタールの鼻注は、毎日エレンをこしらえて、
チューブを鼻に入れて、
朝、それらを洗います。
それらを毎日行うのは、大変なストレスになります。

つまりどちらも治療なので、ストレスがかかります。
どちらが大きいのかは、人によると思います。
適用ならば、一度試されてみるのも良い考えだと思います。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: