[返信する記事] 削除パスワード:
Re: No.[5561]
投稿者:無記名 投稿時間:2011/06/24 [金曜日] 17:32:15
みちるさん

返答ありがとうございます。
私も抗炎症効果に関しては調べが付いていません。
元々、この医療大麻を知ったのはアメリカの確かディスカバリー(もし
かしたらナショナルジオグラフィック)というチャンネルの番組です。
どちらもとても真面目な番組です。
1時間に渡り、医療大麻の事について解説していました。
その番組の途中でHIV患者に対する効果はかなり詳しく解説はしていまし
たが、みちるさんお仰る通り、クローンについては「効果がある」とし
か紹介されていませんでした。
ただし、色んな病名が上げられていましたが、HIVについで2番目に紹介
はされていたと記憶します。
たしかに潰瘍が改善されないまま食欲だけ旺盛になっては意味が無いで
すね。
一応、wikiには軽くですが説明が載っていますので転載します。

カナビジオールはCBDとして知られている。医療大麻の主成分であり、大
麻草からおよそ40%のCBDが抽出可能である[10]。CBDには痙攣・不安神経
症・炎症・嘔吐などの緩和と癌細胞の成長の抑制に作用する[11]。近年
の研究では統合失調症の非定型抗精神病薬としての効果があることが示
されている[12]。2007年11月に公表された研究報告ではCBDが試験管内で
乳癌の悪性癌細胞を減らし、浸襲性を軽減することが分かった。これは
毒性のない外因性の要因で攻撃的な腫瘍の活性低下に繋がる事を意味す
る[13][14]。また、神経保護作用のある抗酸化物質である

日本では全く臨床等は行われていないと思うのでまた時間のある時に英
語で検索してみます。

日本人のクローン患者でアメリカに渡ってから医療大麻を使用する様に
なり、ペンタサ等一切使用しなくてもCRP等の数値は常に正常に保ってい
る様なブログを以前に見ました。
その方が元々、どの程度の症状だったかは書かれていないのであまり参
考にはなりませんが。。。

私は個人的にはアメリカみたいなQOL重視の治療希望です。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: