[返信する記事] 削除パスワード:
Re:ただし3袋以上なら No.[4812]
投稿者:鼻太郎 投稿時間:2009/04/22 [水曜日] 23:56:06

 4809番です。クローンで鼻注しているものです。
 クローンズ Kさん、医学的根拠を示しての意見ありがとうござい
ます。
 でも、これだと、「エレンタールは一日1200キロカロリー以上(
4袋)であれば寛解維持効果がある」という今までの説がくずれる感じ
でなんだかイヤンですね〜。
 あと、毎日の鼻注セットの面倒くささや成分栄養剤の味覚から開放さ
れると期待してインフリキシマブをしたのに、なんてこったいという気
持ちもあります。
 もちろん、再入院率を低下させるのですから医療経済的にはよいこと
です。賛成です。

 ・「全国アンケート調査からみた抗TNFα抗体療法の治療効果」(
厚生労働省研究班が2002年から2003年にかけて行ったスタディ
があります。35施設から233例が集まった)というものがあります
。インフリキシマブの短期治療効果の有効性を検討したところ、栄養療
法(経腸・IVH)の有無には変わりなかったというデータがあります
。

 ・しかしそれは、寛解導入において栄養療法の併用がそんなに関係が
なかったということであって、クローンズKさんのおっしゃる維持効果
に焦点をあてたものではないですね。

 ・で、インフリキシマブと成分栄養療法の併用による寛解維持効果の
論文について探してみると、本谷先生がわかりやすく発表したものがあ
りました。クローンズKさんのホームページですよ!

 結論は、インフリキシマブの計画的維持投与において、
 成分栄養剤900kcal〜1200kcalくらいの併用だと再入院率を下げる
 だが300〜600kcal、つまりエレンタール1〜2袋程度だと併用する意
義が乏しいとのことですね。

 論点は1日1、2袋なのか4袋をきっちりやるのかというところに移
ってくると思うのですが、体重増加さんはちょっと中途半端な飲み方な
のではないかと、思いました。

 クローンズKさん、300〜600kcalの併用でも再燃率の低下や再手術率を
回避し得たというデータはないでしょうか…。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: