[返信する記事] 削除パスワード:
無題 No.[4756]
投稿者:クローンズ K 投稿時間:2009/03/23 [月曜日] 03:20:25
ちょっと長くなりますが
今年のGastroenterology誌2月号にクローン病患者24名が、回腸切除後4
週間以内にインフリキシマブ(5mg/kg IV)投与を開始し1年間継続する群
と、同様のスケジュールでプラセボ投与を受ける群で検討しています。
その結果

内視鏡的再発が認められたのは、
インフリキシマブ投与群では11名中わずか1名(9.1%)
対照群では13名中11名(84.6%)
との結果がでていますので、こなたさんの主治医の治療方針は
根拠にもとづく治療方針だと思いますよ。

安全性については5807人のクローン病患者を対象とした有効性と長期間
使用における安全性を報告したTREAT Studyで2850人のインフリキシマ
ブ治療群と2957人のほかの治療選択群を比較している。両群の間に重篤
な感染症の発生率、観察中の死亡率、悪性疾患の発生率、妊娠時の流産
の発生率、新生児の合併症などに有意な差はないとしている。特筆すべ
きは重篤な感染症の合併率、死亡率はステロイドや麻薬性鎮痛薬投与中
の患者に多かった点である。4〜5年の安全性はこの試験で証明されてま
す

国内のレミケード前例調査(2年間追跡)での悪性腫瘍の発現数も公表
されてます1646人中10人の方に悪性腫瘍の発現が認められております

ちなみにプラセボを投与された94人中2名の方に悪性腫瘍の発現が認
められてます、こちらは8年間追跡してますがプラセボ(偽薬)なの
でたぶん治験に参加された方でしょうね。

レミケードにイムランを併用した例で悪性度が高い肝脾T-細胞リンパ
腫(hepatosplenicT-cell lymphoma;HSTL)といわれる悪性リンパ腫が
発生し併用療法の治験が行われていた日本の病院でも治験中止している
らしいです。

効果が高い反面思わぬ副作用が出る事もありますのでよく検討して治療
法を選択してください。
僕が持っている情報ですが参考になれば幸いです。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: