[返信する記事] 削除パスワード:
Re: No.[3054]
投稿者:hiroking 投稿時間:2006/11/27 [月曜日] 00:50:49
私はCDの20歳です。
私はまだ高校生です。
高校卒業に執着して生きています。
夢はあります。大学だって、行きたい学部だって決まっているし、予備
校にも通っていた。
早く卒業したい、でも焦ると身体を悪くする。
私には気持ちの捌け口がなく、心を患った。
お子さんは大学入学の夢を果たしておられます。
私は卒業も出来ずに成人式を迎えます。
大学に行った者、高校を卒業して働く者、色々な者がいる中で私は自慢
できるものが何一つありません。
私が高校2年の夏休み終わりに病気がわかりました。
この春は私の学校での生徒会活動が認められ、生徒会長になった年でし
た。
10月には後輩に引き継ぎ、私は卒業式で答辞を読み・卒業アルバムに
は私のページも載るはずだった。
そうなることが私の高校生活での最大の布石だった。
でもそこには私の写真はありません。
どれだけ悔しいことだっただろうか。
でも、その悔しさは他の人よりも大きいのだろうか。
私の不幸は…私の不幸は…。
いつも考えている。



お名前:
メール:
URL:
タイトル:
コメント:
削除パスワード:半角英数4文字以上
文字色: